ペット供養ガイド

  

あなたと過ごした日々に。
心から、ありがとう。

最愛のペットを亡くしたとき、その愛情が大きいほど、
深い悲しみと喪失感に包まれます。

残された私達はどのように過ごせば良いのでしょう?
ぽっかりと心に空いた穴は、すぐに埋めることのできないものですね。

一緒に過ごした楽しい日々を想い浮かべながら
ゆっくり時間をかけて、心と向き合いましょう。
その悲しみを少しずつ受け入れて
素直に「ありがとう」と言えるように・・・。

ペット供養の形は色々ありますが、
大切なのは「こんな風にしてあげたい」と思う心ではないでしょうか。

身近で見守りつづけることや、土に還してあげること。
私達は、お客様が納得のいくペット供養が出来るように、
お手伝いをしたいと考えています。

供養の流れ

大切にしたい気持ちがあれば、誰でもペット供養ができます。

ペット供養、こんなご相談

  • 霊園が遠くて通えない。自宅で供養したい方。
  • 大切なペットを亡くして、寂しく感じる時がある。
  • 分骨をして、少しだけ手元に残したい。
  • 白い骨袋のままで良いのか気になっている。
  • 複数の骨壷を持っていて、まとめて供養する方法は?
  • 粉骨や埋葬の相談がしたい。

Coccolinoができること

コッコリーノは、亡くなったペットへの想いを大切に、身近に供養する形です。

撫でながら語りかけて。

面影を感じながら頭を撫でたり、自然と話しかけたり・・・。
いつでも心を合わせられる事で、寂しさが和らいで優しく癒されます。
 


金属製キャップを採用。遺骨や被毛、迷子札など、思い出の品を大切に納める事が出来ます。
 


首輪に、没年月日や年齢、名前を彫って、お気に入りの写真を飾ると、自然とあの子の面影を感じます。